定期保険の特徴

死亡保険の1つで、一定の保障期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われます。
この保険は、5年・10年・15年と保障期間を一定に定めることで、保険料が安く抑えられています。
保障性の高い保険となっており、貯蓄性はないと思ったほうがいいですね。
解約時に「なぜ解約したのに、支払った保険料が戻ってこないの?」とのお問い合わせをする方がいらっしゃいますが、定期保険の解約返戻金は契約後から徐々に増えて行き、契約満了時にはは「0」になるという特徴を持っています。
もともと保障を重視した保険で、保険料も安く設定されている為、途中で解約されたとしても返戻金は微々たるものしかないでしょう。
最近では、保険料を抑えるために解約返戻金を設定していない(要は解約しても返戻金はない)保険も登場してますからね。
保険の保険たる保険ですね。うんうん。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ