年齢、性別で保険料が違うのはなぜ?

生命保険料が年齢が上がれば上がるほど高くなっていくということは、みなさんご存知のとおりと思います。
性別でみても、同じ年齢の男性と女性では男性の方が保険料は高いですよね。
なぜでしょう?
これは、年齢が高くなればなるほど危険リスクが高まり、女性よりも男性の方が平均寿命が短いためなんです。
人間必ず寿命があり、寿命に近づくほど生存率は少なくなりますよね。
この、「生存率が低くなる」というのが、危険リスクであり、保険料の算定には欠かせない要素なんですね。
では、同じ年齢・同性で保険内容が一緒なら保険料は同じなのでしょうか?
実は違います。
危険リスクは「生存率が低くなる」ということ。
これは年齢に限ったことではないんです。
たとえば、事務職をしているAさんととび職のBさんでは、日常どちらが危険なお仕事でしょう。
はい。
当然Bさんですよね?
この二人が同じ年齢・同性で保険内容も一緒だったら保険料も一緒でしょうか?
違うんですね。
事務職のAさんよりとび職のBさんの方が、高いところに上ったりと危険が伴う分、保険料は高くなるんです。
生存率に関する危険リスクの他、既往症に対する危険リスクなど、保険料と危険リスクは切っても切れない重要な関係にあるんですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ