終身保険

死亡保険の1つで、一定期間の払い込みをすることで一生に渡って保障されるとという保険です。
とは言え、死亡保険ですので、死ななきゃもらえません。
言ってしまえば、終身保険を掛けたらいつ死んでも大丈夫ってことですね。(一定の免責事項はありますが)
この保険は死亡保障が一生に渡って受けられるということと、貯蓄性が高い保険と言えます。
その代わり、保険料は定期保険より高く設定されています。
一定期間の払い込みを完了しての解約なら、掛けていた保険料の大半が戻ってくるでしょう。
と言っても、契約してすぐに解約してしまったら解約返戻金なんて戻ってきませんよ。
この保険の解約返戻金は、契約時から徐々に増えていって払い込み終了時まで増え続けるという特徴があります。
実は、利回りがいいと払い込み終了後も増えていく可能性が・・・・。
保険料の払い込み終了時期を年齢の若いうちに設定しておくと保障金額より少ない保険料で保険を掛けることができるかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ